アパート経営を成功させるための失敗事例|極秘の経営術を伝授

集合住宅

時間を無駄にしない

マンション

マンションを所有している方にピッタリな不動産投資方法にはマンション管理会社の利用です。しかし、利用する時に気になる点には、その会社についての評判が挙げられます。

View Detail

見切り方の想定が重要

電卓

減価償却が早い木造建築

極秘の経営術を伝授していきましょう。日本の不動産事情は築年数が新しい物件ほど好まれ、新築物件に高い人気が集まるという明確な傾向があります。そのため、賃貸物件はどれだけメンテナンスをしても時間の経過と共に収益力を失っていきます。従って不動産投資においては投資物件の売却を、その後の収益力よりもその時点での売却額の方が高くなるタイミングで行うことが理想なのです。しかし、木造建築物であるアパートを経営をする場合は、少し事情が異なります。木造建築物は減価償却が早いため、投資物件として所有しているアパートを売却しようとした時の査定額が、購入時と比べてかなり低い額になりがちであるということを認識しておく必要があるのです。そうでないと売却時に損失が出てしまい、アパート経営を失敗してしまうことになりかねないのです。

売却できない想定が大切

従って、アパート経営をする際に失敗のリスクを軽減するためには、所有するアパートを投資物件として見切る際には売却しようとしても土地の価格分の額でしか売れない可能性が高いという想定の下で予め収支計画を立てることが肝要なのです。もしくは、投資物件として見切る際にアパートを建て直したり、例えば駐車場などの別の収益物件として活用するといった、再利用法の想定も可能です。しかし、その場合も再利用のための初期費用をアパート経営の収益の中から確保しても尚、収益が上がるという収益計画が立てられるのか否かを予め投資対象のアパート物件の購入前に吟味した上で購入の是非を決めることが、アパート経営で失敗しないための重要なポイントなのです。従って、アパートはマンションと比べれば購入コストが安くなるため、投資対象にしやすい不動産物件であるものの、その分高く売却することも難しい不動産物件であることに注意しておくことはアパート経営で失敗しないための大切な要素といえるのです。このような損失を防ぐためにはアパート経営の事例をチェックすることがおすすめです。失敗事例はなぜ経営が上手くいかなかったのか、詳しく解説されているので、とても勉強になります。

忙しい時期を避ける

集合住宅

マンション管理会社ランキングが発表になると上位ランクインの会社は忙しくなってしまう場合が多いです。その場合、すぐに契約できないことが多くありますが、その時間を活かして質問を行なうと良いでしょう。

View Detail

遠い将来も見据えたプラン

マンション

マンション投資は大都市では単身世帯の人口増加など追い風が吹いています。敷居が高かったマンション購入も低金利時代でローンも組みやすくなったせいもありマンション投資が人気になっています。今だけでなく遠い将来も見据えた経営プランが必要になってきます。

View Detail