アパート経営を成功させるための失敗事例|極秘の経営術を伝授

貯金箱

遠い将来も見据えたプラン

マンション

今は需要が多い時期

マンション投資は不動産を購入し賃貸契約で賃料を収入源とする投資方法です。金利が安い時代がゆえにローンを組みやすく、また大都市への人口流入が活性化されている現在は需要が多いためマンション投資を行うには絶好のチャンスです。しかし、日本の経済は低迷が続いており、人口も減少傾向にあります。そのため、近い将来は需要が大きく増加することが見込めても長い将来を考えると、マンション投資を行う物件選びは慎重に行うのがベストです。都市の再開発など歴史が長い場所は近い将来再開発が行われる可能性があります。もちろん需要が増加するような再開発であれば、問題ないのですが、再開発を行ったせいで地価が高騰化し、入居者が減少することも考えられます。

物件の選択方法に注意

単身世帯の増加はマンション投資に追い風ですが、借り手は物件を選ぶ際、駅から近く安い物件を選択します。高層マンションなど展望の良いマンションを選択する場合には分譲マンションを購入しますので、賃貸希望者とは要素が異なります。そのため、いかに物件を探している人がインターネットで検索した際に検索にヒットする物件を提供するかになります。単身世帯は長い時間かけて物件選びを行いません。気に入った物件があれば、即入居することがほとんどなのです。そのため、物件の宣伝をより広範囲に行うことも重要なのです。需要があるうちは空室のリスクはあまりありません。しかし供給量が需要量を上回るような時代になると家賃を下げるなど対策を施す必要が出てくることを考えておかなければなりません。